活動報告(毎日更新)

時間術大全を読んでみた~毎日記録 天職創造への道- 91日目〜

2019年7月3日(水)
前日の睡眠時間:7時間1分 (21:43-4:45)

今日の朝の様子

前々日が睡眠時間が短かったので、早めに就寝。

習慣を続ける秘訣は、習慣が崩れた時(または、崩された時)の対応だと思いました。

「習慣が崩れた」ということにいち早く気づき、すぐに元の習慣に戻れるか?

それが大事。

時間術大全を読んでみた

私はこのサイトとは別のブログサイトを運営しています。

そのサイトで毎日更新をする習慣をつけたいと思っているのですが、

まずは時間を作り出すことが先決だ!

と常々思っていました。その矢先、面白い本があったので購入し、読んでみました。

 

この本を読むと、大量の空き時間が出来るわけではなく、

あくまで、自分のしたいこと(私だったらブログ執筆)に、時間を集中をできるようになります。

この本で、主張していることは

一日のハイライトを決めること。

ハイライトとは、今日一日、自分のやりたいことを実現するための行動のこと。

前日の夜、または当日の朝に

今日は、部屋の片付けをするぞ!

今日は、ブログ記事を書くぞ!

今日は、本を読むぞ!

というハイライトを決めておき、それを実行する。

これがこの書籍でもっとも主張したいことなんだと思います。

そして、そのハイライトに集中するためにはどうすれば良いか?ということもしっかり書かれています。

やりたいことがあるのに、普段、スマホやTVに集中力を奪われていて、後悔している人には是非オススメしたい本です。

早速、この本に書いてある。

  • SNSのアプリ削除
  • スマホのホーム画面を空にする
  • 誘惑になるものは、手の届きにくいところに置いておく

にするなど

やり易そうなことから、実践しています。

また、ハイライトについては私は以前から、やりたいことをTODOに書いて上から順番に実行していたので、似たようなことはしていました。しかし、折角なのでこの際、この記録のブログにハイライトを掲げようと思っています。

時間術大全を読んで心に残ったこと

この本で一番私が心に残った話があります。これはノウハウではやく、心構え的な話ではありますが、

「一意専心」

という言葉です。一つのことに没頭するという意味です。

”疲れた”と思っても、休息だけが解決策ではないということ。何かに没頭することで疲れが飛ぶことがある。

私は何かに取り掛かるときに、休息は十分とったはずなのに、すぐ倦怠感を覚えるときがあります。

それは恐らく没頭状態に入っていないから。何かに取り掛かるときに疲れたとおもったら一意専心を思い出し、もう少し粘ってみようと思いますが。

それでも集中できなかったらそれは完全に疲れているので、諦めて休息をとろうと思います(^^)

 

時間術大全を読んで即実践

 

本日の記録

記録ブログ:1本
特撮ブログ:新規0本、リライト0本
プログラミングブログ:0本
ツイート:0本
ゼロ秒思考:0枚

運動:なし
プログラミング:なし

特撮鑑賞:仮面ライダーオーズ第15話