1.天職創り

職場の同僚が会社来なくなった・・・。

職場の同僚が会社来なくなりました・・・。
私と同じ35歳で家庭持ち。。会社に来なくなった理由は会社にはあまり深く聞いていませんが、「しばらく休む」としか伝えられていないので、かなり高い確率で精神的な病気でしょう。(骨折とか病気で入院とかだったら事情は教えてくれるので)

この同僚は私が見た感じプログラマーとしては大変頭の切れる人で、そろそろ開発リーダーになってもいいかなといったレベルの人です。私も大変お世話になり、35歳プログラマー定年説には当てはまらないような人材です。寡黙な人ですがそんなにオドオドしたり精神的に不安定には見えない感じですし、多少怒られても平気な顔をしているように見えました。しかし、やはり心の中では頑張っていたのでしょう。おそらく現場や会社で無理をさせたのでしょう。Sier業界。業界として限界がきている。

・・・・まずい

同僚のことはもちろん心配だが、私は彼のレベルにも及ばないようなスキル。。。そして何よりもガラスのハート(汗)今の職場は安定しているが、職場が変わったり、業務が多忙になってきたりしたときに、自分も壊されるのは時間の問題だ。かといって今の私の状態ではどこにいっても通用しないし、同じような業種に転職したってこれより酷い現場になる可能性の方が高い。家庭持ちで共働きではあるが、無職になるのは抵抗がある。

私は決めました。

今の現状を良くしながらリスクを回避し、その間に副業を作っておき、いつでも会社を辞めれる状態にしておこう!

いや、副業と言わず、天職を創る。

今の時代、好きでもない職業をやっても価値がなく、お金にならない。自分が得意かつ好きなことを突き詰めることで価値が高くなる時代だ!そして天職というのはどこかに転がっていて見つけるものではない、もし転がっているのであればそれは自分の天職ではなく他人の天職です。

天職とは自分で創り出すものだ!

これから本職に影響を与えず、天職を創り上げるまでの記録をつけていきます。
失敗するにしても成功するにしても何かの参考にしてもらえればと思っています。