ライフハック

予約タイマーで起床時の温度を操作して早起き

寒くて布団から出られない

早起きができない理由として、

寒くて布団から出られない

ということもかなりの要因を占めているかと思います。

冬だけかと思えば

春とか秋も

私は寒くて布団からでらないです。

というよりかは、

「寝室の温度よりも布団の中の方が暖かいから気持ちよくて抜け出せない」

という表現の方が正しいかも知れません。

起床時の温度を暖かくする

起きやすくするためには

寝室の温度=布団の中の温度

になってしまえばいいわけです。

なので、私はエアコンの入タイマー機能を使い、

起床1時間前に暖房エアコンが作動するようにしています。

試してみた実感

試したその日に効果を実感できると思います。

まず、目覚めた瞬間・・・

寒くない!!!(感動)

と感じると思います。

設定温度を高くしすぎたせいで。

布団から飛び出したくなる日もありました。
(やりすぎ・・・)

(布団から飛び出したくなるほど熱くするのは効果は抜群ですが、健康的にはよくないと思うので裏技として使った方が良いかと思います)

デメリット

デメリットととしては

寝室が暖かくなっているので、

気持ちよくて二度寝してしまう

という罠もあります。

それは睡眠時間が少なさすぎることが原因だったり、

他の方法と併用することで防げますので、

今回の方法だけではなく、他の方法と併用してみてください。

エアコンが嫌な人へ

今回はエアコンを使った事例を紹介しましたが、

  • エアコンがない
  • エアコンの風が合わない

という人も多数いると思います。

なので、googleで「暖房器具 入りタイマー」

みたいな検索ワードで検索すればエアコン以外にも色々見つかると思います。

値は張りますが、おすすめなのが

オイルヒーター

です。こんなやつ

名前には「オイル」と名前が冠しておりますが、電気だけで動きます。

内蔵されているオイルを電気で温めてオイルヒーター自身が熱を帯び、熱で部屋を暖かくします。

なので、温風がでるわけはないので、

空気が汚れません。

エアコンと違って手入れがあまり必要ないというのも素晴らしい

またオイルヒーター自身が熱を帯びていますが、さわっても火傷するような熱さにはなりませんので、

事故の心配も少ないです。

デメリットしては温まるのに時間がかかるし、電気代が他の暖房器具に比べてかかるのがデメリットですが、

ただ、

朝限定で使用し、起床2時間前からスイッチを入れる

という風に利用を制限すればデメリットも回避できると思います。

値段はピンキリですが、デロンギというメーカーが有名で、

他のメーカーが

6~8畳・・・1~2万

なのに対し、デロンギは

6~8畳・・・2~3万

くらいします。(もっと高性能なものだと6万以上するものもあります)

デロンギしか使ったことしかないので、比較したわけではないので、なぜ値段に差があるのかはわからないですが、デロンギがオイルヒーター業界ではトップだからブランド的な価値がついているのだと思います。

少し卑怯な手?

確かに起きれるかもしれないけど、

少し反則っぽい。。

暖房器具がない時代の人はちゃんと起きれた訳だしね。。。

と思う人も多いかと思います。
(私は思いました。)

でも、そんな意地はっているうちに、早起きができなくて、朝活できる時間が減って、月日が過ぎていくばかりだったので、

そんなこと悩んでいる余裕ははない!

使えるものはすべて利用してやるぜ!

と考えるようになりました。

総合評価

早起きの方法について、やりやすさ、効果の観点から

SからCで評価した結果

この方法は

やりやすさ効果総合評価
SSS

です。

入タイマーつきの暖房器具さえあれば良いので、その気になれば即日実践できます。

なので

Sランク

効果も目覚めた瞬間に「寒くない!」と感じることもできるので、効果ははっきりと感じることができると思います。

こちらも

Sランク

です。

最後に

最後まで見ていただきありがとうございました。

一応、今まで試したものをランク付けしているので、よければ観ていただければと思います。

早起きする方法を実践してみてランキングを作成してみた